書籍「母ではなくて、親になる」山崎ナオコーラ

IMG_2526.jpg

書籍「母ではなくて、親になる」山崎ナオコーラ amazon.co.jp

1ヶ月ごとに、赤ちゃんの成長や自身の変化などを記した、作家・山崎ナオコーラによる子育てエッセイ。
妊娠中にWEB連載がスタートして、そのフラットな視点に好感をもちました。
連載時にはなかった流産の経験や不妊治療の話なども赤裸々に、でも静かなトーンで綴られています。

本書の中で1番忘れられないエピソードが、子どもが父親と母親のどちらに似ているか、というくだり。どちらかに似ていようが似ていまいが、子どもは子どもの人生がある。だから「君はオリジナルだねえ」というナオコーラ氏の夫の言葉にはっとさせられました。

ちなみに、ナオコーラ氏のデビュー作『人のセックスを笑うな』の映画版(主演・永作博美)が大好きで、何度も観ています。

広告